FC2ブログ

背番号 25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桑田 真澄

20051029-00000011-maip-spo-view-000.jpg

桑田 真澄、甲子園に連続5期出場し、PL学園の黄金時代を築いた早熟の天才ピッチャー。同期の清原和博とともに「KKコンビ」として大活躍。83年の優勝時は、優勝投手として学制改革以降最年少の記録を立てた。甲子園通算勝利数も歴代2位で学制改革以後は1位である。入団2年目の87年に早くも15勝を挙げ、最優勝防御率、沢村賞などのタイトルを獲得し、斎藤雅樹、槙原寛己と共に「3本柱」と称された。その後も、順調にキャリアを積み重ね、日本一になった94年には14勝、防御率2,52でMVPも獲得。しかし、翌95年、アクシデントが襲う。ピッチャーフライに飛びついて、右肘靱帯断裂の重傷を負い、手術のため渡米。95年残りシーズンと96年を棒に振った。 2年近くのリハビリ生活の後で迎えた97年、投手陣が崩れる中で一人踏ん張り、10勝を挙げる活躍。常連のゴールデングラブ賞も6度目の獲得と、完全復活した。98年は最多勝こそ逃したものの、16勝、最優秀勝率のタイトルを獲得し、名実ともにエースとして蘇った。 以後精彩を欠いていたが02年、独自の投球観を実践し復活。4年ぶりの10勝(12勝6敗)、15年ぶりの最優秀防御率(2,22)のタイトル獲得でチーム日本一に貢献した。高校時代は清原とともにクリーンナップを打ち、プロに入ってからも打撃には定評がある。 さらに守備もうまく、幾度となくゴールデングラブ賞を獲得し、バントの名手川相昌弘をもってして 「バントが一番決めにくい投手」と言わしめた。現在も「3拍子そろった投手」として、憧れの選手に彼を上げる野球選手は後を絶たない。 通算200勝も視野に入れている。





スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 21:21:06|
  2. 2005年 10月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松坂 大輔 | ホーム | 清原 和博>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://backnumber25.blog33.fc2.com/tb.php/25-021ed386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
背番号25へようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。