背番号 25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホルヘ・ポサダ

050604_bbl_mlb_posada_200.jpg

ホルヘ・ポサダ、強肩強打のキャッチャー。03年には、30本塁打を放つなど、長打力には定評があり、年間20~30本の本塁打を記録している。ヤンキースの正捕手でスイッチヒッター。プエルトリコ出身。90年、ドラフト24巡目でヤンキースに入団。ヤンキースでは数少ない生え抜きの選手である。マイナーリーグの1Aコロンバスでは2塁、3塁、外野とさまざまなポジションをこなし、最終的に当時はブレーブスにいた父親のアドバイスに従って、キャッチャーに専念する決意を固めた。器用なだけではなく、パワーも伴なっていたし、フットワークの良さもさることながら、肩がめっぽう強かったためだ。新人の頃から打撃には定評があり、勝負強かった。が、99年には17個のパスボールを記録してしまうなど、守備やインサイドワークには難点があった。それを持ち前のたゆまぬ努力で、じわじわと克服していったのである。パーソナル・トレーナーを雇い、オフシーズンもウェイトトレーニングは欠かさない。やさ男ふうの顔つきをしているが、意志は強い。闘志の固まりと言ってもいい。乱闘になると率先して大暴れする。メジャー昇格した当初はピッチャーがサインに首を振ると、それだけでカッカと怒りをあからさまにしていた。レギュラー捕手として定着したのは2000年のシーズンから。それまではジョー・ジラルディと並行して起用されていたのだが、彼がシカゴ・カブスに移籍してしまったためである。この頃からシアトル・マリナーズが力をつけ、ヤンキースとの対決がア・リーグを大いに盛り上げるようになったのだが、ポサダは守護神の佐々木から2本もホームランを打っている。この年から現在まで、ヤンキース不動の正捕手として、強気なリードでチームを引っ張っている。ヤンキースの正捕手は、来年もポサダのものだ!



スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 15:25:45|
  2. 2005年 10月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松井 稼頭央 | ホーム | アルフォンゾ・ソリアーノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://backnumber25.blog33.fc2.com/tb.php/16-d6a255dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
背番号25へようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。