FC2ブログ

背番号 25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲイリー・シェフィールド

050121_mlb_shefi.jpg

ゲイリー・シェフィールド、バットを前後左右に振りながらタイミングを計り、フルスイングする独特の打法で知られる強打者。そのバッティングの成績もさることながら歯に衣着せぬ口の悪さも有名で、ことあるごとにマスコミを賑わせている。最近の代表例では2004年末にイチローの最多安打記録に対して言った「ヒットを打つだけに徹すれば、俺にだってできる」を始め、2005年夏には、直接名指しはしなかったが「チームで一番活躍しているのは(キャプテンのデレク・ジーターではなく)誰なのか俺は分かっている」、「マスコミは2人の選手(アレックス・ロドリゲスとジーター)以外はゴミだ、と世間に広めたがっている」、「ヤンキースは一流のチームだが、選手間の信頼関係はない」とニューヨークの地元紙記者に発言したらしい。 実はシェフィールドが新加入したことで、「チームのムードを悪くしているのでは?」という声が、記者席ではちらほら聞かれた。というのも、過去に在籍したチームで、彼の評判は決して芳しいものではなく、2002年に石井一久がドジャース入りしたときも、「僕は昨年を知りませんけど、チームのみんながシェフィールドがいなくなったから、今年はムードがいいって話してるんですよ」と邪気なく語っていた。ドジャースばかりではなく、過去に在籍したどのチームでも、もめ事が絶えなかった。外から見ていると、特にシェフィールドが異彩を放っているわけではなく、個性の強い面々はほかにいくらでもいるような気がするのだが、ともかく、「チームワークを乱す」というのがもっぱらの評判だった。しかし、「自分勝手」というレッテルをはられていたシェフィールドだが、ヤンキースへの移籍に当たって、「三塁を守ってもいい」と名乗り出るなど、これまでにない「心配り」を見せるようになった。ヤンキースのらつ腕GMは、その辺も調査済みで、往年の豪腕投手、ドワイド・グッデンいわく、「結婚してから別人のように変わった。すごく大人になったから、問題は起こさないと思う」と語ったと言う。若いころはトラブルメーカーとして、グラウンド内外でその名をはせていたが、現在では頼れるベテランとして、チームメートからの信頼も厚い。ヤンキースをワールドシリーズ制覇に導くのは、シェフィールドのバットかもしれない。




スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 02:28:34|
  2. 2005年 10月
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ランディ・ジョンソン | ホーム | アレックス・ロドリゲス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://backnumber25.blog33.fc2.com/tb.php/11-8711fb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見た目で損する強面野郎

USA TODAY WEEKLYより。ホントこの人たちは暇さえできれば、この話題でいきたいようで。アメリカンリーグのポストシーズンに出た某外野手にステロイド使用の疑惑あり、とのこと。で、渦中の選手のエージェントは一応否定したってことで、面子を見た限り、1番....
  1. 2005/10/30(日) 10:08:26 |
  2. I LIVE FOR THIS by &quot;j&quot;eter

プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
背番号25へようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。